FM GUNMA
トップページ リクエスト・メッセージはこちら 番組表 番組紹介 パーソナリティー オンエアーリスト ラジオCM FMぐんまへのアクセス方法はこちら
【オリコンニュース】
TOP> オリコンエンタメニュース>『路線バス旅』新コンビで再始動
『路線バス旅』新コンビで再始動
 今年1月の放送で俳優の太川陽介(58)と漫画家の蛭子能収(69)のコンビが卒業したテレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』とタイトルをリニューアルして今月25日(後6:30〜)に放送される。新たな旅人は、俳優の田中要次(53)と芥川賞作家の羽田圭介氏(31)コンビで、マドンナはIMALU(27)が務める。

【写真】仲良く肩を組む“先輩コンビ”太川&蛭子

 新旅人の2人は、昨年11月に放送された特別編に出演し、初めての乗り継ぎ旅ながら見事にゴールした実績を持つ。今回のコースは、静岡県伊豆半島下田港をスタートし、愛知県知多半島の先端・師崎港を3泊4日で目指す。

 田中は「太川さんと蛭子さんの最後の旅を観て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビネーションも続いて楽しんで頂けたらと願うばかりです」と意気込み。

 羽田氏も「太川さん・蛭子さんたちから引き継ぐだとか、レギュラーになるというような実感はない。今回がダメだったら、次はない。一回一回の連続に過ぎない。だから、続けたいのであれば、良い旅になるよう、努力しなければならない。事後的に見て、長く続いていれば、御の字なのかもしれない」と気合を入れている。

 なお、これまで番組を大いに盛り上げてきた”先輩”の太川は、おなじみのキートン山田とともにナレーションで番組を盛り上げる。

(提供:オリコン)
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』で新コンビを組む田中要次(中)&羽田圭介氏(左)、マドンナのIMALU (C)テレビ東京
【関連記事】
太川陽介&蛭子能収のラスト路線バス旅、失敗に終わる「この番組らしい」 (17年01月02日)
田中要次&羽田圭介&宮澤佐江が初のバス旅を語る (16年11月25日)
【写真】『路線バスの旅』歴代マドンナが集結
太川陽介&蛭子能収、来年正月で『路線バスの旅』卒業 全国「行きつくして…もうルートがない」 (16年11月26日)
太川陽介&蛭子能収、最後の『路線バスの旅』は福島から秋田へ マドンナは新田恵利 (16年12月22日)

▲ページTOPに戻る
ザスパチャンネル










携帯サイトはこちら


| TOP | リクエスト | 番組表 | 番組紹介 | パーソナリティー | オンエアーリスト | ラジオCM | アクセス | 会社案内 |
Copyright 2010 FM GUNMA.All right reserved.