FM GUNMA
トップページ リクエスト・メッセージはこちら 番組表 番組紹介 パーソナリティー オンエアーリスト ラジオCM FMぐんまへのアクセス方法はこちら
【オリコンニュース】
TOP> オリコンエンタメニュース>早期化する子どもの「英語教育」
早期化する子どもの「英語教育」
 英語の授業が2011年度より「外国語活動」として小学5、6年で必須化された。2020年度に導入予定の次期学習指導要領に基づき、それが3、4年からの実施に早められ、5、6年の外国語活動は「英語」として正式教科に格上げされる予定である。なぜここまで英語教育が早期化するのだろうか。その理由は子どもの英語の覚え方にあった。学ばせる良きタイミングなどとともに紹介する。

子どもと一緒に英単語を覚える5つのコツ

■子どもはスポンジのような脳で自然に習得

 そもそも大人になると、英語の発音を全て聞き取ることは難しいのだが、小学校入学前の幼児の頃は頭が柔らかくスポンジのように脳は何でも吸収していく。子どもは、日本語にない英語など外国語特有の発音も先入観もなく、普通にただの「音」として耳に入ってきて、自然と習得できるという利点がある。最近よく耳にする「英語脳」というものだ。

 また新しい単語を覚えるのも早い。ただ、子どもは忘れるのも早い。言語は使っていなければ忘れる。帰国子女でも期間が短かったり幼いうちに日本に帰国した子の場合、すっかり現地で学んだ言語をすぐに忘れてしまうというパターンも少なくない。ただ、泳ぎを忘れることを忘れないように、言語も潜在意識的にきれいな発音は頭の中に残っていることが多い。

■英語は英語で考える

 大人がやりがちなのが、頭のなかで日本語に訳して英語を覚えるということ。英語と日本語の文法などの構成は違うため、この作業は時間のロスになり、全体的に英文を把握することができない。幼児の場合、日本語も十分に頭に定着していないため、日本語を英語に訳すという作業を行わない。日々たくさんの英語表現を幼児期に覚えておけば、どういう状況のときにどういうフレーズを使えばいいのか、ということが自然に身につく。

 英語が上手な子どもの傾向として思うことは、普段から家族での会話が多い家庭の子が多いということである。普段から親や親戚などと会話のキャッチボールを行っている子は日本語も英語も語彙数が多く会話能力が高い。これは伝える力というのが自然に普段の生活から培われているからであろう。

 言語は気持ちを伝えるために必要なもので、本人に伝えたいという気持ちがなければ上達しない。また、ベースとして日本語のコミュニケーション能力が求められる。小学校入学前に始まると良い利点ではあるが、英語は親が無理やり押し付けるのではなく、本人が英語を学びたいと思ったときに始めさせてみるのがよいだろう。

(林 有紀)
スペイン・バルセロナ郊外在住。大学でスペイン現代史を専攻、在学中に1年間スペインに留学。大学卒業後、書店勤務と英語講師を経験した後バルセロナに移住。英語、スペイン語、カタルーニャ語、日本語の4ヶ国語を操る通訳&ライター。2児の母。趣味はサッカー観戦とぬか漬け。

(提供:オリコン)
英会話力の向上も? 早期化する子どもの「英語教育」(写真はイメージ)
【関連記事】
このポケモン、英語で言える? 「カメックス」「プリン」「ピカチュウ」の答えは…
非母国語圏の英語勉強法 スペインの教育事情を紹介
子どもに英語を学ばせたい! 自宅でできる英語習得方法4選
実際の利用者が選んだ【オンライン英会話】1位は…
<連載>「東京ワンピースタワーに行った」を英会話でいうと

▲ページTOPに戻る
ザスパチャンネル














携帯サイトはこちら


| TOP | リクエスト | 番組表 | 番組紹介 | パーソナリティー | オンエアーリスト | ラジオCM | アクセス | 会社案内 |
Copyright 2010 FM GUNMA.All right reserved.