FM GUNMA
トップページ リクエスト・メッセージはこちら 番組表 番組紹介 パーソナリティー オンエアーリスト ラジオCM FMぐんまへのアクセス方法はこちら
【オリコンニュース】
TOP> オリコンエンタメニュース>池田エライザが徹底的に役作り
池田エライザが徹底的に役作り
 女優の池田エライザ(22)が23日、都内で行われた「2019年に電子でヒットしそうなコミック」をコンセプトに電子書籍配信サイト・コミックシーモアが開催する『みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019』の授賞式にゲストとして登場。「普段は、ひっそりお家で漫画を読んでいるので、こういうような場所に立たせていただくのがすごく不思議で、家にいる時の自分を引きずってしまいそうです」と恐縮しながら、漫画への愛を語った。

【動画】池田エライザ、オタクな面は「普段隠してます」

 『ホクサイと飯さえあれば』や『ReLIFE』など、漫画を原作としたドラマや映画に出演している池田だが、演じる上での心得について「原作者の方の愛情や、そのキャラクターに込めた本質はどこなのか。ファンの方もいらっしゃるので、その方々が抱いている理想像に近づきながら、私だったらどうできるか。自分なりにリスペクトをこめて、なるべくすごく細かく配慮するようにしています」と力説。「脚本も原作もアニメ化されていたらそれも読んで、ファンブックも読んで。私がファンになって、惚れ込みながら(役に)臨みます」と徹底的な役作りを明かした。

 「自分にとって漫画とは?」との質問には「師匠です。暇つぶしだったり、息抜きに読むものだと思っていたら、ふと読んだ漫画のとある言葉でパンチを食らう。ずっとドキドキしたり、固定概念から解放されたり…。漫画ってそういう出会いや奇跡があると思います」と熱弁。「きょう登壇された方々が、心をこめて作ってらっしゃるものを演じる身としては、まずは期待を裏切らないように、面白いエンタメの業界を作っていけるようにとひそかに思っていました」と呼びかけた。

 漫画などのキャラクターに影響を受けやすいようで「服装とか口調も影響受けちゃいますね。(リムコロ氏の『世話焼きキツネの狐子さん』に)のじゃロリというキャラクターがいて、最近は頭の中が『のじゃ』しちゃいます。マネージャーが心配するので、普段は口に出さず、頭の中で『のじゃ』って言っています」とにっこり。「今後はアクションをやってみたいので、『東京喰種』や『進撃の巨人』に呼んでいただけるように精進します」と意気込んでいた。

 昨年11月6日から12月4日に出版社36社が、電子書籍配信サイト『コミックシーモア』内で「2019年に電子でヒットしそうなコミック」を推薦し、ノミネート。投票作品の中から、得票数が最も多い作品を「みんなが選んだ2019年に最もヒットしそうな電子コミック」として発表する。投票期間中には、エントリー54作品の1巻目の無料配信や試し読みのページ増量を実施。第2回となる今回は、「女性部門」「男性部門」に加えて、「BL部門」「TL部門」が新設された。

 今回は、大賞に岩元健一氏、星月子猫氏、ふーみ氏の『LV999の村人』(KADOKAWA/角川書店)を選出。「男性部門賞」は金田一蓮十郎氏の『ゆうべはお楽しみでしたね』(スクウェア・エニックス)と吉川景都氏の『鬼を飼う』(少年画報社)、「女性部門賞」は九瀬しき氏の『この男は人生最大の過ちです』(ソルマーレ編集部)と千歳四季氏の『蒼竜の側用人』(白泉社)が受賞した。

 イベントには、よゐこの有野晋哉、辛酸なめ子氏も出席した。



(提供:オリコン)
『みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019』の授賞式に出席した池田エライザ (C)ORICON NewS inc.
【関連記事】
【全身ショット】タイトワンピでスタイル抜群の池田エライザ
【画像】『ゆうべはお楽しみでしたね』など…男性&女性部門賞4作品も発表
【画像】『電子コミック大賞2018』各賞受賞の5作品は…
【マンガ大賞2019】『彼方のアストラ』や『ダンジョン飯』など…ノミネート13作品
【書影】『マンガ大賞2018年』は…『約束のネバーランド』など12作品がノミネート

▲ページTOPに戻る
ザスパチャンネル
















携帯サイトはこちら


| TOP | リクエスト | 番組表 | 番組紹介 | パーソナリティー | オンエアーリスト | ラジオCM | アクセス | 会社案内 |
Copyright 2010 FM GUNMA.All right reserved.