FM GUNMA
トップページ リクエスト・メッセージはこちら 番組表 番組紹介 パーソナリティー オンエアーリスト ラジオCM FMぐんまへのアクセス方法はこちら
【オリコンニュース】
TOP> オリコンエンタメニュース>香取慎吾、注目集める人生を肯定
香取慎吾、注目集める人生を肯定
 俳優でアーティストの香取慎吾が、3月15日から国内初の作品展『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾 NIPPON 初個展』を開催。昨年、フランス・パリのルーブル美術館で個展を開いたことでも話題となった。アーティストとして順調な滑り出しに、香取は「以前の自分に感謝」と語る。つねにルーティーンではない“非日常”を生き、人から注目されることが当たり前の香取。自らを「ここでしか生きていけない生き物」と言う真意とは?

【画像】5つのカラーが鮮やか! 香取慎吾によるアート作品

■自分の想像を遥かに超える日常、「なんて楽しい人生だ!」

――香取さんは多彩な表現活動に携わる中で、頭の切り替えはどうやっていますか?

【香取慎吾】考えてみると、何一つ切り替えていないかもしれない(笑)。僕にとってはどれもエンタテインメントなので、全部一緒です。例えば、パリでの個展が僕にとって初めてのアートの“個展”と呼べるものだったんですが、会場に行ったら「音楽が欲しいな」と思って、音楽を流したりして。個展を開く作業と、コンサートの演出をする作業とで、あまり違いを感じなかった。初めての個展なのに、いざ始めてみたら「やったことのあること」だったんです(笑)。

――今回は、本来は劇場である会場を使用しての個展。

【香取慎吾】僕にとっても、かなりの難問を突きつけられた感じです。自分発信で「ここでやりたい」と言って成立していることじゃなくて、お声がけいただいたからできること。それを考えると、ちょっと変な言い方ですけど、以前の自分に感謝、ですね。声をかけてくださった人、参加してくださる人は、以前も一緒にお仕事をした人が多いんです。その時の僕がすごく嫌な奴だったら、また一緒に仕事をしてはくれなかったと思う。だから今は、すごく感謝してます、以前の僕に(笑)。

――ずっと前から個展をやるのが夢だったんですよね。

【香取慎吾】はい。でも、この会場に下見に来た時に「おかしいな。今までいろんな美術館、いろんなアーティストの個展に足を運んで、“いつか自分がやるとしたら”ってイメージが色々湧いていたけれど、その中にこんな場所はなかった」って思った(笑)。毎回、僕の日常は自分の想像を遥かに超えてきますね。本当に、なんて楽しい人生だ!

■「11歳の時から、ルーティーンのない日常を楽しんでいるのかもしれない」

――この個展はどういう視点に寄って立って、作り上げていくのでしょうか。

【香取慎吾】何ですかねぇ(少し考える)…“サプライズを仕掛けたい”とか、そんな大げさな発想はないですね。あるとしたら、日常の中の違和感を拾って、それをもっと面白くしていく感じです。普段の生活をしながら、「これがこうだったら」みたいなことをよく考えるので、その延長かもしれない。

――今、“日常”という言葉を使われましたが、香取さんに日常はあるんでしょうか。まるで、“歩く非日常”みたいに見えます(笑)。

【香取慎吾】ええっ? 日常?(絶句)。

――何か、ルーティーンってあるんですか?

【香取慎吾】ないですね。ないから僕の日常は面白い。今日もこんな日(取材会)だと思わずここに来ました。大きなプロジェクトが始まる前、たくさんの方の前で取材を受ける。それは仕事上でのルーティーンかもしれないけど、まさかこんな規模になると思って来てないから(笑)。11歳の時から、ルーティーンのない日常を楽しんでいるのかもしれないですね。

――普通の人が送っているような、ルーティーンのある生活への憧れはありますか?

【香取慎吾】ないです(キッパリ)。

――死ぬほど寝たいとか、もう注目を浴びたくない、とか。

【香取慎吾】本当に、ないです。僕が時々思うのは、何か別の経験を経て僕みたいな仕事を始める人たちは、なかなか大変だろうなということ。僕は、子どもの頃からここでしか生きてないから。人に見られたくない、注目される人生は不自由だ、という感覚を経験してきてない。むしろ、ここでしか生きていけない生き物なんだと思います(笑)。

■自分の主張よりも“お客様”、「見てくれる人がいないと成立しないもの」


――エンタテインメントに対する発想力は、継続してきたことや経験が力になっていると感じますか?

【香取慎吾】(熟考して)経験よりも“お客様”じゃないですか。アートにしてもショーにしても、いくら最高のクリエイションをしても、それを見てくれる人がいないと成立しないものだから。僕はずっと、僕の作ったものを見てくれた人の声を、自分の中に蓄積しています。褒められることもあれば、アドバイスをもらうこともある。その蓄積が、次をもっと良くするんだと思う。こういう劇場で何かをするとき、お客さんがなんと言おうと「これが俺の見せたいものだ!」って自分の主張を貫くやり方もあるじゃないですか。でも、僕はそれはしたくない。あくまでも、お客さんが喜んだり楽しんだり、いろんな感情になってほしい。その人の経験の、もう一つ上の感情まで、持っていきたいと思いますね。

――とはいえ、絵に関しては自分の中から湧いているものですよね?

【香取慎吾】絵も、自分だけで完結して描いているように見えますけど、人の評価を気にせず描く、というのは好きじゃないです。出来上がったものはいつか人に見てもらいたい。それをドヤ顔で、「いいでしょ!」と見せびらかすつもりはないですけど、やっぱり、褒められたいです(笑)。褒めてもらった時、「いやいや、そんなことないですよ」と言いながら、すごく喜んでいる自分がいます。

■「単純計算しても、生涯で個展を100回はできない」、自分に残された時間を考える

――香取さんは40代になって、もう仕事の幅を広げることはやめようと思っている、というようなことを発言されていました。これからも、アート、お芝居、バラエティ、音楽、ファッション、この5つを極めていくことになるんでしょうか。

【香取慎吾】夢だった個展が今回実現しましたが、この先1年に1度個展をしたとして、あと20回やったら、もう60代。単純計算しても、生涯で100回はできない。それはジワジワと思っていたことなんです。舞台も、年に1本だったらあと何本…とか。そういう計算はわりとする方かもしれないです。

――今回のタイトルの『BOUM! BOUM! BOUM!』は、フランス語で心臓の鼓動音を表しているそうですが、いま香取さんはドキドキしていますか?

【香取慎吾】はい、ものすごく(笑)。実際、『BOUM! BOUM! BOUM!』はもう始まっていると思うんです。こんな感じで取材をしていても、「まだあんまり決まってないんだな」ってことで皆さんもドキドキしちゃうだろうし。その感覚を、僕も共有しています(笑)。今回は、アートに興味がなかった方も「慎吾ちゃんなら知ってる」って感覚で、遊びに来てもらえたら。2回、3回と足を運んでもらえるようなビジネスもちゃんと考えていますし(笑)、3ヶ月もあると、その間に絵を描くこともあると思う。それが、倉庫じゃなくて、こんな素晴らしいところに飾れるドキドキもあります。日常ではあまり感じられないようなドキドキ体験を、ここで感じてもらえたら嬉しいです。

(文:菊地陽子)

(提供:オリコン)
3/15から国内初の個展を開催する香取慎吾(写真:田中達晃/Pash) (C)oricon ME inc.
【関連記事】
【貴重写真】きわどい肌見せ? 香取慎吾、“金太郎”姿の赤ちゃん時代
【写真】似てる? 香取トランプ、あの俳優と2ショットで神対応
【写真】うれしはずかし…安倍総理と握手! 香取慎吾が絵画を紹介
草なぎ剛、主演映画の公開延期で胸中 ファンや関係者にお詫び
中居正広が滝沢秀明にかけた“金言”に反響「『。』をつけて活動を終了させなさい」

▲ページTOPに戻る
ザスパチャンネル
















携帯サイトはこちら


| TOP | リクエスト | 番組表 | 番組紹介 | パーソナリティー | オンエアーリスト | ラジオCM | アクセス | 会社案内 |
Copyright 2010 FM GUNMA.All right reserved.