FM GUNMA
トップページ リクエスト・メッセージはこちら 番組表 番組紹介 パーソナリティー オンエアーリスト ラジオCM FMぐんまへのアクセス方法はこちら
【オリコンニュース】
TOP> オリコンエンタメニュース>八千草薫が静養 代役は風吹ジュン
八千草薫が静養 代役は風吹ジュン
 4月より“テレビ朝日開局60周年記念作品”として放送開始予定の倉本聰氏作・帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)〜道』に、ヒロイン・しの役で出演を予定していた八千草薫(88)が、体調不良により降板して静養することになり、風吹ジュン(66)が代役を務めることが、同局より発表された。

【写真】ほかの『やすらぎの郷』メンバーも出演

 同ドラマは、2017年4月〜9月に放送された『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆していたシナリオ『道』が、新たに映像化される、という壮大な物語。『やすらぎの郷』の主要人物たちのその後も描かれる。

 八千草は、『道』のヒロイン・しの役は降りるものの、『やすらぎの郷』のキャラクター、“姫”こと九条摂子としては予定どおり出演する。代役を引き受けた風吹は、『やすらぎの郷』では菊村の亡くなった妻・律子役で出演していた。

 今回のキャスト交代の発表にあわせ、同局では「出演者、スタッフ一同、一丸となって、より良い作品を皆様にお届けすべく、引き続き励んでまいります。4月からのスタートにぜひご期待ください」と、呼びかけている。

(提供:オリコン)
倉本聰氏作・帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)〜道』ヒロイン・しの役で出演を予定していた八千草薫(左)が体調不良で降板。代役は風吹ジュン(右)(C)テレビ朝日
【関連記事】
倉本聰×中島みゆき再タッグ、『やすらぎの刻〜道』主題歌2曲提供
最年少は70歳、平均年齢74歳の7人が“やすらぎ”の仲間入り
キスマイ宮田俊哉、“やすらぎ”メンバー入り 先輩・風間俊介の兄役に恐縮
風間俊介、浅丘ルリ子のバリカンで人生初の丸刈りに “やすらぎ”新キャスト
“やすらぎ”再始動、石坂浩二ら1年間の帯ドラマ、ついに撮入

▲ページTOPに戻る
ザスパチャンネル
















携帯サイトはこちら


| TOP | リクエスト | 番組表 | 番組紹介 | パーソナリティー | オンエアーリスト | ラジオCM | アクセス | 会社案内 |
Copyright 2010 FM GUNMA.All right reserved.